• 女性とクリーム
    数年前、話題になった尋常性白斑というものがあります。
  • スキンケア中の女性
    美白とはその名のとおり白くて美しい肌のことです。世の中の女性は白人のような肌に憧れ、赤ちゃんのようなもちもちとしたお肌に憧れます。
いろんなクリーム

postheader 美容液の成分

保湿効果のある、セラミドやレスチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が濃縮されています。

さらに美白効果があるという製品には、メラニンの生成を阻止し、メラニン色素の還元効果もあるビタミンC誘導体やハイドロキノン、また、メラニン合成に関わるチロシナーゼに作用し、メラニンの合成を阻止するアルブチンやエラグ酸などが美容成分として入っています。

各成分の特性と自分の肌の状態から、美容液を選択することが大切です。

美容液の効果
美容液は湿布することで、皮膚本来の働き(バリア機能・ターンオーバー等)を維持させつつ、保湿力を上げ、美白やアンチエイジング(抗老化)効果などをもたらします。

美容液の主な成分であるセラミド・ヒアルロン酸・可溶性コラーゲンは、皮膚表面(表皮層)にとどまることができる吸湿性に優れた水溶性物質であり、保湿機能を高めます。

また厚生労働省に認められているアルブチン・コウジ酸・ビタミンC誘導体・ルシノール・トラネキサム酸等には皮膚の奥深く(真皮層)に浸透し、シミ、そばかすの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

化粧品ライン

postheader 化粧品の楽しみ方

化粧品には顔の印象を変える事や、コンプレックスを解消するなどの楽しみ方があります。また、美白効果のある化粧水や美容液、クリームなどの化粧品が少量ずつつめ合わさったトライアルキットなどは、それぞれを試す楽しみがあります。

他にも精製水やオイルなどを使用し手作りのコスメを作り、楽しむ人が多くいます。どのような成分が入っているかも知る事ができるため安心感があり、自分の肌に合ったコスメを作る事ができるというメリットもあります。

美容液とは
保湿や美白効果に優れた美容成分が含まれている基礎化粧品のことを指します。ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC、プラセンタといった肌の再生を促す成分が配合されています。

通常は、化粧水を塗った後の肌に美容液をなじませます。化粧水を塗ることによって、肌が整えられ、肌の細胞に美容液の有効成分が浸透しやすくなります。美容成分が高濃度で配合されており、価格は高額であることが多く、1本で数万円以上するものもあります。

スキンケア用品

postheader 化粧品とは

顔の見た目を美しくするために用いる道具のことを指します。化粧品は、スキンケア用とメークアップ用に別れており、スキンケア用はメイク落とし、洗顔料、化粧水や美容液、乳液のことを指し、メークアップ用はファンデーション、BBクリーム、アイライナー、マスカラ、チークなどのことを指します。

化粧品には、保湿成分、美白成分など乾燥対策、毛穴引き締め効果、アンチエイジングを目的とした成分が含まれていて、販売するブランドによって特徴が異なります。

美白化粧品の現状について
世界中の化粧品の中でもとりわけ、美白化粧品の販売数が多いのは日本となります。

黄色人種である日本人は、シミ、しわ、たるみが非常に目立ちやすく、また日本人の文化として人の目をとても気にするという民族性がなおさら売れ行きを上げていると言えます。

一番人気があるのは、皮膚の上から導入していく方法であり、成分にこだわるという傾向があるといえます。肌の内側からトラブルを排出するという還元作用としての成分にも非常に関心が高まっており、なお一層の市場の発展が見込まれます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930