美しい見た目を手に入れるためにも目の下のたるみを治療する

より安全に理想の目元を

鏡を見る人

皮膚を切らない治療

目の下のたるみは、顔を疲れて老けたように見せる原因になります。今美容外科で目の下のたるみの解消に人気なのが、切らない脱脂法とも呼ばれる経結膜脱脂法です。これはたるみの原因となっている眼窩の脂肪を切除する手術です。従来は、眼窩の脂肪を切除するためには下まつげとの境の皮膚を切らねばならず、跡が残ってしまう心配がありました。ところがこの経結膜脱脂法では、皮膚を切る必要がありません。その代わりに下瞼の裏側の結膜に高周波レーザーなどで小さな切れ目をいれ、そこから不必要な分の脂肪を押し出すのです。跡が残ることはもちろんありませんし、傷が小さいためダウンタイムも短く、体への負担も少なく済みます。一度施術してしまえば効果もほぼ永久に持続するでしょう。

脱脂と注入のセット

経結膜脱脂術は安心して行えるとても良い方法です。しかし、脂肪を切除しただけでは、たるみはなくなっても、かえって目の下がくぼんでしまったように感じる場合があります。そのため美容外科クリニックでは、脱脂術と脂肪注入をセットにして行うことが多いです。脂肪注入には通常、目の下や太ももなどからとった自分の脂肪を使用します。定着率は70%ほどと言われていますが、クリニックによっては、脂肪から不純物を取り除くことで定着率を上げ、ほぼ100%の定着率を誇っているところもあります。一度定着してしまえば、効果は続きますので再度施術する必要がありません。ただ、脂肪を注入する場所と量で目の下の印象が大きく変わります。実績があり信頼できる医師のもとで行うのが良いでしょう。

地元にある施設で痩せよう

ウエスト

神戸に住んでいてダイエットがしたいならば、神戸の自宅から通いやすい場所にあるダイエットができる施設の情報を集めることも大切です。整形などダイエットのサポートを行ってもらえる施設の選択肢は複数あるので、それぞれの特徴をつかみ、自分に合った施設探しが必要です。

More Detail

手術で美しくなる方法

笑顔の女医

東京での美容外科は二重まぶたにする手術や肌を若々しくする手術、脂肪吸引など多くの手術を行うことができます。多くの美容外科で実施しているプチ整形は、心理面でも金額面でもハードルが低くて人気も上昇しています。

More Detail

女性に欠かせない施術

目元

アートメイクは、アイメイクを専用の色素で着色する事で、朝のメイクの時間を節約出来る方法です。また、アイメイクが苦手な人も、メイクを施してもらえる事で綺麗な仕上がりになります。

More Detail